記事内に広告が含まれています。

CRぱちんこ魔法少女まどか☆マギカ

CRぱちんこ魔法少女まどか☆マギカ

機種データ

■機種名
CRぱちんこ魔法少女まどか☆マギカ

■導入年数
2017年

■メーカー
京楽

■スペック
当選確率…1/319.7
連チャン率…80%
最大出玉…約2000個

■概要
初当り後の電チュー5回転演出「ワルプルギスの夜」を突破すれば、継続率80%の「マギカ☆RUSH」に突入。人気を博し、後にシリーズ化されるパチンコ第一弾が本機。大当り時に登場する筐体上部の「キュゥべえギミック」や液晶画面を覆い尽くす「ソウルジェムギミック」も搭載。

演出

キュゥべえ保留変化予告

キュゥべえが保留を変化させる。赤保留なら信頼度45%、金保留なら信頼度70%、ゼブラ柄保留なら信頼度85%に。


まどかアタック予告

ボタンを押してLV表示が上がるほど期待度もアップ。TOTAL信頼度73%の激アツ予告。


ほむら連続予告

ほむらが時を遡る連続予告。カットインや赤文字ならチャンスアップ。


時間遡行チャンス

ほむら連続予告から発展。ほむらが連続で時間を巻き戻す。信頼度34%。


ステップアップ予告

キャラSU、魔法少女SU、魔女SUの3パターン。上写真のゼブラ柄なら激アツ!


次回予告

最終的に表示されるタイトルに対応したスーパーリーチに発展。TOTAL信頼度63%。


群予告

リーチ後の激アツ予告。ミニキャラ群のパターンも存在した。


ソウルジェムギミック

ギミック完成でVS魔女バトルリーチ発展濃厚。映り込む魔法少女に対応したスーパーリーチへ。


日常リーチ

「まどか」「さやか」「マミ」「杏子」「ほむら」「ほむら(眼鏡)」の6パターン。基本的には期待度が低いSPリーチだが、ほむら(眼鏡)のみ別格で、信頼度95%!


VS魔女バトルリーチ

「影の魔女VSさやか」「薔薇園の魔女VSマミ」「銀の魔女VS杏子」「鳥かごの魔女VSほむら」「芸術家の魔女VSまどか」の全5種類。仲間が参戦してくれる「合体攻撃」発生で期待度アップ。


ストーリーリーチ

「奇跡も、魔法も、あるんだよ」「もう何も恐くない」「そんなの、あたしが許さない」「最後に残った道しるべ」「わたしの、最高の友達」の5パターン。タイトルやテロップの色で期待度が変化。リーチ中に保留色が変化することも。信頼度56〜84%。


ワルプルギスの夜

電チューサポート1回転と残り保留4個分の計5回転分の高確率演出。ほむらが勝利できれば継続率80%のマギカRUSHに突入!


マギカRUSH【バトルモード】

マギカRUSHはバトルモードとストーリーモード、2種類の演出パターンから選択可能。バトルモードは魔女を倒せれば連チャン継続!


マギカRUSH【ストーリーモード】

ストーリーモードはMISSION成功で大当り。連チャンするほどストーリーも変化。


絶望の魔女リーチ

マギカRUSH中に絶望の魔女リーチに発展すれば16R大当り濃厚。さらに次回連チャンが濃厚となる「アルティメットRUSH」への突入が濃厚に!

原作紹介

概要

願いを叶えた代償として「魔法少女」となり、人類の敵と戦うことになった少女たちに降りかかる過酷な運命を、優れた魔法少女となれる可能性を持ちながらも傍観者として関わることになった中学生・鹿目まどかを中心に描く。本作はすでに類型が確立している魔法少女ものというジャンルに新たな切り口を導入することを意図した作品であり、題名に魔法少女を冠してはいるが、いわゆる魔法少女ものというよりも魔法少女をモチーフにしたダーク・ファンタジーとしての作風が色濃い。「マギカ (Magica)」は、「魔法の」を意味する形容詞「magicus」の女性形。

wikipedia

■主要キャラクター
鹿目まどか
キュゥべえ
暁美ほむら
美樹さやか
巴マミ
佐倉杏子

続編/同名タイアップ

■京楽から登場
▷ぱちんこ劇場版魔法少女まどか☆マギカ(2019年)


©️Magica Quartet/Aniplex・Madoka Partners・MBS Licenced by SACRAMUSIC Licenced by Aniplex Inc

タイトルとURLをコピーしました