記事内に広告が含まれています。

「P緋弾のアリア~緋緋神降臨~ラッキートリガーVer.」裏コマンド公開!

「P緋弾のアリア~緋緋神降臨~ラッキートリガーVer.」裏コマンド公開!

好評稼働中の「P緋弾のアリア~緋緋神降臨~ラッキートリガーVer.」から、裏コマンドが続々発覚。藤商事の「開発室の独り言」にて随時更新中で、LBR/超LBR中の先読みOFFなどのコマンドを確認できる。

LBR/超LBR 先読みOFF

【入力タイミング】
カスタマイズ画面を開いていないLBR/超LBR中(普図当り中~大当り中を除く)
※裏コマンドLBCモード中には反映できません。

【入力コマンド】
十字ボタン : 上→下→左→左→左→左→右→右→右→右→チャンスボタン
※裏コマンド入力成功時はSE+ボイスが発生

上記コマンドでLBRor超LBR中に、先読み予告が一切出現しなくなる。その際は大当り時の名言ムービー予告の出現率が、シャーロックモード0%、ジャンヌモード約13%、左記以外のモード約25%に。

通常時 7テンパイ比率アップ

【入力タイミング】
カスタマイズ画面を開いていない通常時(SPリーチ中を除く)

【入力コマンド】
十字ボタン : 左→左→左→右→左→右→右→右→チャンスボタン
※裏コマンド入力成功時はSE+ボイスが発生

通常時のHSGBに当選した際、7テンパイする比率が約95%にまでアップ!

LBR/超LBR LBCモードへの変更

【入力タイミング】
LBR/超LBRに突入する大当りの開始時~モード選択画面が表示されるまで

【入力コマンド】
「LBC アリアモード」 … 十字ボタン : 上→下→上→下→上→下→チャンスボタン
「LBC 白雪モード」 … チャンスボタンを押下中に十字ボタン : 上→上→上→上→上
「LBC 理子モード」 … 下長押し中にチャンスボタン5回
「LBC ジャンヌモード」 … チャンスボタン10回押下後に十字ボタン : 上
「LBC アリアモード UIカットver.」 … 左右長押し中にチャンスボタン3回
※裏コマンド入力成功時はSE+ボイスが発生

⚫︎基本ルール…画面中央に表示されたカウントが0になれば右打ちが終了する。カウントが0になるまでに専用の告知発生で大当りとなる。
⚫︎LBC アリアモード…画面がアリアによって撃ち抜かれれば(弾痕出現で)大当りとなるモード。基本的に先読み演出が発生し、告知が発生する仕様。
⚫︎LBC 白雪モード…画面が白雪によって切り裂かれれば大当りとなるモード。ガセ演出は一切無し!
⚫︎LBC 理子モード…画面上の表示物のいずれかが消えれば大当りとなるモード。バリエーションは全部で5個です。
⚫︎LBC ジャンヌモード…画面がフリーズすると大当りとなるモード。基本的に「フリーズ期待度アップ先読み予告」が発生し、告知が発生する仕様。
⚫︎LBC アリアモード UIカットver.…このモードのゲーム性は基本的に「LBC アリアモード」と同様。しかし、「中央のカウント」「保留」の表示、「カウントダウンの効果音」「保留入賞音」「ハートイルミの点滅」が消えます。出来る限り従来のアリアのLBCに近づけたのがこのモード。

通常時 先フラ リサ解放について

【入力タイミング】
カスタマイズ画面を開いていない通常時(SPリーチ中を除く)

【入力コマンド】
十字ボタン : 上→上→左→左→右→右→左→左→右→右→チャンスボタン
※裏コマンド入力成功時はSE+ボイスが発生

出現率:約1/275
期待度:当該変動の期待度を20%、30%、50%、80%、100%の5段階で告知(TOTAL約47%)
大当り占有率:約67%

先フラが発生しなくても、バトルSP以上に発展する確率が高く、大当りに期待することができる仕様に。

(超)LBRジャンヌ解放について

【入力タイミング】
LBR/超LBRに突入する大当りの開始時~モード選択画面が表示されるまで

【入力コマンド】
十字ボタン : 上→上→下→下→上→下→チャンスボタン
※裏コマンド入力成功時はSE+ボイスが発生

ジャンヌモードのゲーム性は「ラッキエアー告知」。(先読み)ジャンヌが話しかけてくる⇒(当該までに)ジャンヌがエアーをプレゼントしてくれる、が演出の流れ。

「(超)LBR 白雪&リサモード」

(超)LBR 白雪&リサモードで「つんつん先読み予告」発生中に「チャンスボタン」を押下すると、 内部的に大当りであった場合ボタンバイブが必ず発生!?

再抽選(緋緋神JUDGE)中

通常時図柄揃い後の再抽選(緋緋神JUDGE)中に 十字ボタン「↓」を押して「緋弾ランプ」が点灯すれば 「HYPER SCARLET GOD BONUS」へ昇格濃厚!?
※「HYPER SCARLET GOD BONUS」昇格時の50%で点灯します。


(C)2011 赤松中学・株式会社KADOKAWA メディアファクトリー刊/東京武偵高校 (C)赤松中学

タイトルとURLをコピーしました