記事内に広告が含まれています。

新要素を多数搭載! 「スマスロモンキーターンV」を発表!!

新要素を多数搭載! 「スマスロモンキーターンV」を発表!!

山佐ネクストは同社のスマスロ第4弾となる新機種「スマスロモンキーターンV」を発表。製品サイトと公式PV、試打動画を同時に公開した。

モンキーターンは週刊少年サンデーで連載されていた河合克敏氏による競艇漫画。パチスロは本機で5作目の人気シリーズとなっている。

スマスロモンキーターンV

AT「SGラッシュ」は1セット40G+α、純増約2.5枚。周回パートとSGレースの2パートで構成され、1セットごとに継続率も異なるシナリオ管理システムとなっている。

周回パート中はゲーム数上乗せのほか、「バトル高確」「ぶっちぎりバトル」「全速モード」を抽選。「ぶっちぎりバトル」は2G継続、勝利期待度約55%、消化中の成立役が鍵を握る完全自力バトル。期待度が低いライバルに勝つほど勝利時の恩恵に期待できる。
「全速モード」は平均上乗せ約50Gの上乗せ特化ゾーン、さらに上位である「究極全速モード」に突入すれば、その平均上乗せは破格の約500Gとなっている。

ゲーム数消化後に移行するSGレース中は継続抽選の他、今作ではレース中に強チェリーが成立すれば勝利濃厚となる他、レース中のレア小役で勝利濃厚となる「エキサイティングレース」という新要素が追加されている。

グランドスラム達成後の「青島VS波多野」勝利など、特定条件達成で突入する上位AT「青島SG」は、純増約4枚、1セット31Gor51Gor101G+α継続。専用の上乗せ特化ゾーンなどもありながら継続率約83%でループし続けるという、さらなる完走に期待できるものに。

通常時は「激走ポイント」を貯め、規定ポイント到達後に前兆ステージ「優出モード」で当否をジャッジ。「激走ポイント」は毎ゲーム1〜30ポイント溜まり、ポイント特化ゾーンである「激走チャージ」突入で大量ポイント獲得のチャンスとなる他、レア小役成立で初期ゲーム数や継続ストックを獲得する可能性もある。

シリーズお馴染みの自力CZ「超抜チャレンジ」(成功期待度約50%)を継承。さらに本作では「超抜チャレンジ」失敗時に「グランドスラムチャレンジ」を抽選。「グランドスラムチャレンジ」は見事成功するとグランドスラム達成濃厚のATに突入するようだ。

2023年12月導入予定!


©河合克敏・小学館/モンキーターンプロジェクト ©YAMASA ©YAMASA NEXT

タイトルとURLをコピーしました